Interviews
03
柏 依里奈

八王子支社
カスタマーサービス職
2015年 新卒入社

誠実さが幾重にも積み重なり
信頼が生まれる

Profile
「ここ以外には考えられない」というほど、
マッチしたMJSのカスタマーサービス(CS)職。
会計事務所、一般企業のお客様をサポートしながら、
経験を積み、知識を蓄え、成長を続けていく。
01
「会計」「IT」「人と接する」、
そんな仕事を探し求めた就職活動

母の母校だった商業高校へ入学。思えば、そこがMJSに出会うことになった原点だったと思います。高校を卒業した後、大学は商学部を選択。簿記などの会計を学ぶ傍ら、情報系のゼミに所属し、簡単なプログラミングを勉強していました。そうなると就職活動では、当然「会計」と「IT」の企業に目が向きます。そこにプラスして、大学時代に力を入れていた接客業のアルバイト経験から、「人と接する」「人の役に立ちたい」という想いが重なり、MJSへの入社を決めました。
会計の分野で有名だったこと、IT系の企業であること、そして、CS職というお客様と接する職種があるということ。この3つがそろったMJSであれば、自分がこれまで培ってきたことを活かせるだけでなく、さらに深めていくことができるという期待が膨らんだことを覚えています。
入社後は、西東京および山梨県をエリアとする八王子支社に配属され、会計事務所、企業を問わず、多くのお客様先へお伺いしています。

02
モチベーションとなるのは、
直接頂ける感謝の言葉

自社システムの導入、操作説明、運用支援などをお客様先で行うことが、CS職の主な仕事です。ソフトウェアのインストール作業を行い、滞りなく使っていただけるようデータを作成し、使い方を丁寧に説明する。やはり、対人で作業を行うため、お客様のリアクションを直接見られることが一番のやりがいですね。「ありがとう」と感謝の言葉を頂けると素直に嬉しく思います。その他には、パソコンやコピー機などの納品、それらが故障した時の修理やトラブル対応といった仕事もありますね。自社製品や会計の知識に加え、それらのハード機器を修理するためのメーカー認定の資格も取得しています。また、「困った、助けて!」という連絡を頂き、そのトラブルを解決するためにお客様先に伺うことも少なくありません。そこで、自分の力だけで解決できた時は、心の中で「よしっ!」。覚えることが多く大変なこともありますが、知識や経験を身に付けるほど、成長を感じられる仕事だと思います。

03
「お客様のため」から、自分の成長が始まっていく

これまで数々のお客様と接してきましたが、「柏さんに頼めば大丈夫」という一言は、とても心に残っています。何度も訪問をしていた、会計事務所のお客様先で頂いた言葉なのですが、納品が終了した際「柏さんがやってくれたんだから心配してないよ」と、私に全幅の信頼を寄せてくださいました。この関係性を築くためには、やはりお客様に寄り添い、真摯な姿勢で接することが大切だと思っています。たとえお客様先で分からないことがあっても、専門部署にその場で電話して確認をしたり、持ち帰って回答をすぐに用意したりなど、トラブルを解決するために全力を尽くす。そうした積み重ねが信頼に繋がっていくのです。そして、そうやって仕事をしていると、いつの間にか自分の知識も増え、成長もしていける。自分が成長した分、会社も成長していく。お客様のためを想うことから、好循環が始まっていくのだと思います。また、社内で「この案件に柏さんが入ってくれるなら安心だ」と言ってもらえることも嬉しいですね。
CS職の役割は、支えること。誰かに頼られることは、成長の証。これからも積極的にさまざまな経験をし、知識を磨くことで誰よりも頼られる人へ。やりがいはこれからも尽きることはないと思います。

MY Career

1年目の学び
ある企業のお客様先で、パソコンとプリンターの納品作業をしていた時のこと。箱開けや片付けなど、作業に没頭してしまっていました。そこにお客様先の社長が通りかかったのですが、私はその存在に気が付くことができず、後からお叱りを受けてしまったことがあります。お客様先で失礼があっては、信頼関係を壊してしまいかねません。それ以来、礼儀作法、挨拶は徹底するようにしています。
教えることでの成長
「柏さんに頼めば大丈夫」と言って頂けるようになったのは、3年目の頃から。ちょうど、後輩が八王子支社へ入社してきた頃でした。一緒に同行をするなど、「教える立場」になったことで、仕事に対する意識が大きく変わったのだと思います。知識がなければ教えることはできませんから。若手に教育担当を任せるというMJSの文化は、そういった成長も考えてのことでしょうね。
PRIVATE
体を動かすことと、モノづくり。

体力をつけるために始めたピラティス。いまは、月に4回ほど気持ち良く汗をかいています。ヨガの呼吸法も取り入れられており、リラックス効果は抜群です。また、アクセサリーづくりも趣味の一つ。自分用のものもつくりますが、人のためにつくることが多いですね。やっぱり喜んでもらえるのが嬉しいですから。