MORE MJS PERSON

MJSの社員をたくさん知る

8つの質問にMJSの新卒社員、
中途社員8名が
本音で答えます!

Q.3
業務上で必要な知識や技術は、
どう習得していますか?

新卒入社社員に聞きました!

内田 憩太

業務上で必要な知識の七割は、日々の仕事を通じて習得することができました。当然、最初は業務も技術も分からないことばかりですが、商談を通じて見つかった不明点を整理し、それを自身で調べたり先輩方に質問することで少しずつ知識を蓄積していったことを覚えています。

内田 憩太
ソリューション第二支社
営業職・課長
2011年入社
城島 博宣

個人的な学習方法としては、まずは関係する書籍を複数購入し、一通り読んでみます。時には社内で詳しい方に質問もします。その上で、実務を通じ学んだことを実践して、学びを増やしています。「学ぶことと実践すること」が、学習には重要だと考えています。

城島 博宣
公共セクターグループ
技術職
2012年入社
井上 俊介

社内には知識も経験も持った先輩方が多くおりますので、自分で学習を進めて地盤を固めつつ、要所で先輩に確認し確実な知識として習得しています。

井上 俊介
東京第一支社
カスタマーサービス職
2015年入社

中途入社社員に聞きました!

岩倉 知佳

スケジュールに空きがある際は、先輩や上司の営業先に同行させて頂きます。実際の商談に同席することで、その場の空気感やお客様との交渉術を肌で感じることができ、非常に勉強になります。あとは、とにかく毎日、何かしらシステムに触れることを心がけています。

岩倉 知佳
横浜支社
営業職
2016年入社
坂口 伸治

知識の多くは、現場へ出て覚えることが多いです。基本となるノウハウは、研修に参加したり、部内の上司・先輩方に教えて頂くことで覚えられますが、結果的には現場での経験が一番身に付き、役に立つように感じています。

坂口 伸治
岡山支社
カスタマーサービス職
2014年入社
柴田 一徳

より良い業務遂行のためには簿記の知識が必要なので、資格試験の学習をおこないました。
技術的なノウハウに関しては、周囲に高度な経験や技術を持つメンバーが多くいらっしゃいますので、コミュニケーションを通じて知識を吸収しています。

柴田 一徳
企業系新製品APグループ
技術職
2017年入社